>コラム>家賃債務保証会社を活用する【優良会社を見つける】

家賃債務保証会社を活用する【優良会社を見つける】

不動産模型とお金

家賃債務保証を受けるためにすべきこと

オーナーにとってリスクの大きい家賃滞納などのトラブルに備えるために登場したのが、家賃債務保証です。保証会社が賃貸借契約の際に連帯保証人の代わりとなることで、もし家賃の滞納などがあったときにも保証会社がオーナーに立替払いをしてくれます。親族が連帯保証人になりにくくなった現代を象徴する仕組みで、身寄りのない高齢者世帯からもニーズが高まっていますが、オーナーにとってはリスクを軽減できる点が最大のメリットです。もちろんボランティアではありませんので、オーナーは保証会社と契約する必要があります。保証会社は独立系と信販系の2種類に分かれますが、不動産管理会社と紐づいて契約する場合もあります。いずれにしてもそのうちのどこかと契約することになるのが一般的です。

貯金箱

良い家賃保証会社の見つけ方とは

家賃債務保証と一言で言っても、サービス内容はさまざまです。主に家賃滞納の場合の立て替えや、入居者の審査、滞納があった場合の入居者への督促など家賃回収業務が中心ですが、具体的にどこまでするかは会社によって異なります。保証期間も会社によって違うので、どこまでが保証の範囲かはしっかり調べておく必要があります。督促についても具体的にどうやって行うのか、実際に出向く会社もあれば、電話して期限が切れたら法的処置にすぐ移行する会社もあります。法務コンサルティングや、夜逃げや事件があった場合の事後対応までしてくれるところもあります。良い会社というのはオーナーが望む業務を行ってくれる会社ですから、提供されるサービス内容を調べ、充実していると感じる会社を選ぶのが正解でしょう。また、その会社の経営状況もしっかりチェックする必要があります。

広告募集中